我々は、公私に高い目標を掲げ、決して妥協することなく、
強い信念のもと自主独立の精神を養い、日に新たを実践し、また日に新たを志す。
その努力と情熱は、豊かな社会の基礎を形成する。
ご挨拶 代表取締役 鈴木清剛 新しい時代令和が幕を開けました。
 当社は昭和49年の創業以来、我が国の高度経済成長や平成バブルとその崩壊、平成23年に発生した東日本大震災など、不動産業を通じ激動の時代を歩んで参りました。そして、新時代令和へと時代のバトンが引き継がれる中、昭和・平成・令和の三時代にわたり、微力ながら都市の発展とお客様の生活向上に携われることを大変光栄に思います。
 さて、時代はインターネットの普及により、世界が身近な存在となり我々の生活や価値観を一変させました。そして、今、企業の勢力図はモノづくりなどの実業からIT企業などの新興企業へと覇権が移り変わろうとしております。我々不動産業においては、今後加速する少子高齢化や空家問題など、これまでのビジネスモデルが通用しなくなるほど業界を取り巻く環境も激変することでしょう。しかし、時代の変化はチャンスでもあります。IT企業が時代に適合しマーケットを創造したように、当社はこれまでの経験の域にとらわれることなく、新たな創造力と行動力で時代の変化に適合しながら新たな価値観を提供して参ります。
 一方、時代は変わっても当社が掲げる「都市とみんなの笑顔を作る」という精神には一寸の曇りもなく、晴々とした気持ちで新時代を迎えています。
 当社は不動産業を通し皆様にとってもっとも身近で優れた情報サービス業でありたいと願います。そして、これまで以上に強い信念をもって都市開発を通して新たな需要を喚起し地域の活性化とコミュニティに寄与して参りたいと誓いを新たにしたところです。
 新時代も「マックスホームは都市(まち)とみんなの笑顔を作り続けます。」
 
令和元年5月1日
history過去のMISSION一覧 新しい時代の指針となるビジネスモデルを確立するため、自主性をもって、独創的な創造と、緻密な戦略と、積極的な行動と、繊細なフォローを徹底継続し実践すること。
MAX-HOME
HOMEHOMEへ戻る sitemapこのページのTOPへ